北イタリア ポルチーニ茸

北イタリア キノコ(ポルチーニ茸)狩りのご紹介です。イタリアンマンマと一緒にコモ湖の山で初めてキノコ狩りをしました。早朝5時過ぎに山の家を出発。キノコは夜育つから早朝に狩りに行くのがよいとのこと。スイスの国境に近いゾーンの山。マンマはここで育ち毎年夏から秋にキノコ狩り、栗狩りを楽しんでいる。
意外とハードな山。決して山登りを楽しむ山ではない。自然そのものの山に慣れてない私は歩くのに一苦労😅72歳のイタリアンマンマ、さすがである.....急斜面の山をスタスタ登って行く。
この薄暗い中でポルチーニ茸を見つけるのも一苦労な私だがマンマはどんどん見つけだす。マンマはポルチーニ茸が育つところが長年の感でわかるらしい🤓野生の感とも言える....枯葉を払ったら数多くのポルチーニ茸がヒョコヒョコと頭を覗かせてるではないか😄
こちらは立派に育ったポルチーニ茸。ステーキにしたら美味しそう😘これは見つけるの簡単😍
こちらは枯葉の下でひょっこり頭を覗かせているポルチーニ達。これを見つけるのは大変😅
5時間ほど山を歩き回り収穫したもの。
初めてのキノコ狩り、頑張った(笑)
合わせて5Kgほど😍
収穫したポルチーニ達は乾燥させたりオリーブオイル 漬けにする。先ずはポルチーニの固い部分をナイフで削り、専用ブラシで土を払い落とし、念入りに洗う。そして、茹でる。
そして、乾かしたポルチーニ達をこうしてオリーブオイルとハーブを入れて瓶詰めしていきます。ハーブも自家製栽培しているもの。

瓶詰め完了です。このまま食べてもよし、サラダに入れてもよし、トマトソースのパスタに入れるのもよし😀どの食べ方も美味しい😍
こちらは乾燥ポルチーニ作成中。山の太陽の下で乾燥させてます。
できあがった乾燥ポルチーニ茸。肉厚でとっても美味しい😍リゾットに入れたりポレンタにポルチーニソースをかけて食べたり....そぉいえば....日本ではこのイタリア産ポルチーニ茸って高級食材のイメージだったな🤔松茸と同等だよね??(笑)
全てマンマの手作業。キノコを狩ってからこうするまでの作業はやはり自然で育ったマンマでないと容易にはできない。初めのキノコ狩りでまた手作業の仕事の大変さと手作業だからこその人のぬくもりさを感じた体験であった😁

イタリアンマンマはこのポルチーニを口コミで販売していいます。
ご希望の方は是非お問い合わせくださいませ😀



コメント

このブログの人気の投稿

ミラノのピザ屋さん

Villa Carlotte ヴィラ カルロッタ コモ湖

地元のアペリティーボ